マタニティ旅行に最適な時期とは?

妊娠中の旅行を「マタニティ旅行」「マタ旅」といいます。出産後に旅行へ行きづらくなるため、妊娠中に思い出作りとして旅行に行くのです。マタニティ旅行をしてはいけない時期はありません。しかし、安定期と呼ばれる妊娠5ヶ月~7ヶ月までにするといいでしょう。妊娠初期は流産、妊娠後期は早産の危険があります。しかし、安定期であっても、妊婦さんごとに体調は異なるでしょう。不安な場合は、医師に確認して許可をもらうことが望ましいです。

 

マタニティ旅行に向けて準備するものとは?

マタニティ旅行をする際は、必ず母子手帳や保険証を持っていきます。出血をする場合もあるので、ナプキンなどの衛生用品もあるといいでしょう。お腹や腰を冷やさないために、冬場はブランケットなどを用意します。また、妊娠中は肌が敏感になりやすく、使い慣れていないものが原因で湿疹が出ることも多いです。シャンプーやコンディショナー・化粧水などは、普段から使っているものを持参した方が安心でしょう。

 

マタニティ旅行の注意点とは?

マタニティ旅行をする時は、宿泊先や観光地から近い産婦人科を調べておきます。万が一のために、場所と電話番号・診察時間を把握しておきましょう。また、旅行中は無理をしてはいけません。なるべく休みながら観光をして、歩き過ぎないことを心掛けます。遊園地のジェットコースターなど、禁止されているものに乗ってはいけません。飛行機に乗る場合は、客室乗務員に妊娠していることを伝えておきます。飛行機の圧や振動で具合が悪くなることあるので、飛行機に乗る場合は注意しましょう。